世界地図

CHOICES

中国語の翻訳業は甘くないと知った日

翻訳業と聞くとなんだか格好いいですよね。私もかつて中国語の翻訳という仕事に憧れて、勉強していたことがあります。といっても、自己流ですが。
10年ほど前にもなりますが、翻訳者と翻訳依頼者のマッチングサイトに登録していたこともあります。でも中国語の翻訳という仕事はそんなに簡単にできるものでもないんですよね。まず、中国語もそこそこできるし、よし、翻訳家になろう、なりたい、と思っている人は山ほどいます。そこで私が登録していたようなマッチングサイトで仕事を探そうとすると、もし翻訳の依頼を見つけたとしてもそこで仕事を受注できる確率はかなり低いです。4倍、5倍、の倍率はざらですし、なによりあっという間に受注済みになってしまい、駆け出し者には入る隙もありません。
運良く仕事を受注できたとしましょう。それが文字数の少ないものではなく、何ページかに渡るものだった場合、期日も決まっているわけで、その期間中に終わらせなければなりません。何年か中国語圏に住んでいても、分からない文章が無いとは限りません。簡単な文章はそれなりに翻訳できても、理解できない文や単語にぶつかった時には調べる、という作業が加わり、時間も取られます。その中で期日以内に仕事を完了させなければならないとなると、かなりの翻訳スピードが要求されるわけです。
その時私は知りました。翻訳は家事の片手間でできる仕事ではないことに。中国語圏に数年住んだだけの一介の主婦ができる仕事ではないことに初めて気づいたのです。もう少し早めに翻訳の勉強をしていたら、と後悔しましたが、これからでも遅くはないかもしれません。もう少し頑張ってみようかと思うこの頃です。

ショールームのシナリオの翻訳

ショールームのシナリオの翻訳は、あくまでも一般的な表現が最適だと言われています。私もショールームの運営担当していて日本語、英語、中国語の対応を常にするようにしています。翻訳をお願いする会社も専門用語がこなれていたり、その都度こちらの要望がすぐに通る会社に決めています。
そして、実際に翻訳を担当する方が変更になるときは常に連絡をいただいています。ショールームとして海外のお客様をご案内するときに極力クセのない言語で案内したいため、クオリティーを変えたくないからです。
また専門用語に関しては、同じ翻訳から常に同じように利用できるように用語集として発注時に全て渡すようにしています。もちろんNBAを締結して、専門用語に関しては日本語、中国語、英語ともに全て過去のノウハウをお渡しすることにしています。ここまで徹底しておけば、翻訳の担当者が変わってもそれほどクオリティが落ちる事はありません。
それどころか、翻訳先に対してのノウハウがたまっていき、担当者が変わろうが変わるまいが同じような翻訳をいつもしてきてくれます。こういったノーハウも、長年の経験から分かるものです。翻訳に関しては常に同じクオリティーで対応することが重要だと思います。

海外製品の技術書や説明書の翻訳

翻訳は、単純に外国語を日本語に訳せばいいと想うことは禁物だと思います。この数年で、私達の身近な所で、海外の人達と話す機会もかなり増えてきました。それと同時に海外製品が当たり前のように、身の回りにも増えてきました。それらの製品は、生活の中でも使われていますし、仕事の中でも使われることが少なくありません。
その時には取扱説明書を見て使うことがあります。この時の説明書は、現地の言葉が書かれているものに、翻訳させた日本後マニュアルが添付されています。逆に日本の製品が海外に輸出される時には、日本語のほかに英語、中国語、フランス語、ドイツ語等の複数の言葉で併記されているマニュアルもあります。
これらのマニュアル作成にも翻訳の仕事が含まれているのですが、ここでは言葉をそのまま翻訳するだけでは、意味が通じないことも少なくないでしょう。中には、使う国の生活習慣や考え方で、訳された文章の意味合いも変わってくる可能性があります。
したがって、マニュアル関係の書類や文書では、読む人の国の文化的な背景や思想も熟知しながら訳すことが必要なのもかもしれません。翻訳がグローバル化の流れの中で、ますますニーズが高まっていく中で、求められる姿だと思われるのです。

多くの分野で必要とされる中国語の翻訳会社

文書などの外国語を日本語に、また日本語を外国語にして伝える翻訳という作業は、あまり目立つことはないものの私たちの生活に大きく関わっています。とくに単一の言語のみを使用している日本では翻訳という仕事がなければ日本の技術や文化を海外に発信することもできず、また海外の文化を知るすべも限られてしまいます。インターネットなどが普及し、異文化交流やビジネスにおいても国内と世界との距離がより身近になった現代では、多種多様な文書の翻訳が必要とされ、それにともない翻訳会社も増えています。例えば日本のアニメや漫画の文化は今や国内のみならず世界中で注目される一大産業になっています。世界各国で発売されている漫画や小説なども翻訳をする人がいなければ海外の人が読むことはできません。またスマートフォンの登場によって発展したアプリはダウンロードするだけで世界中の人が使用することができますが、使用する国によってその国の言葉で翻訳する作業が必要になります。ビジネス面においても近年ではアジアと距離が縮まったことで、中国語が必要になってきた場面が増えています。中国の企業と書面でやりとりをする際には契約内容など細かい部分まで正確に把握する必要があり、また専門用語などを使用することもあるためより高度な中国語の翻訳が必要になる場合もあります。これから先ますますグローバル化が進んでいく社会の中で、中国語の翻訳会社の存在はとても重要なものといえるでしょう。

UPDATE CONTENTS